スマートフォン用の表示で見る

スルッとKANSAI

一般

スルッとKANSAI

するっとかんさい

スルKAN』の愛称で人気のカード。近畿地方JR以外*1の電車、地下鉄、バスを1枚のプリペイドカードで乗り降りできるストアードフェアシステム磁気カードを駅の自動改札機に通して乗車券の代わりに使える。バスの場合は運賃箱についているカードリーダー*2を通す。

千円券*3から五千円券まで色々とあるので用途次第で使い分け出来る。

厳密に言えば「スルッとKANSAI」というのはシステムの名称であって、カードの名称ではなく、

カードの名前は発行会社によって異なる。

だが、どの公共交通機関でもスルッとKANSAIは代名詞として通じる。


各社のカード名称

各社のカードの名称は以下の通り。

ICカード化

2003年度より順次ICカード化。JR東日本SuicaJR西日本ICOCAに相当するもので、こちらは「PiTaPaピタパ)」という愛称になる。

ただし、「前払い」のイオカードJスルーカードを単純にIC化したJR両社とは違い、PiTaPaは「後払い」形式となる。(詳しくはPiTaPaの項を参照)

「10円でも乗れる」

スルッとKANSAIの特徴として、乗車の時点では残額が10円でも残っていればとりあえず乗れると言うことである。

当初は最低初乗り運賃に満たないカードでの入場は不可能で、券売機で現金を追加して切符を買わなければならなかった。

しかし、加入社局が増えることで「最低初乗り運賃」が各社局で違うことによる混乱を避けるため、また利用客からクレーム*4が続出したため10円でも入場可能という方式にされている。

なお、乗り継ぎなど特殊なケースでは残額0円のカードでも入場可能な場合がある。

*1JRICOCA又はJスルーカードにて対応

*2:運賃変動区間を走るバスでは乗車時、入口に設置されたカードリーダーにも通す

*3:社局によっては粗品などの用途向けに500円券も存在している。

*4:「どのみち降車駅で精算すれば良いじゃないか」という意見。