スルツェイ島

地理

スルツェイ島

するつぇいとう

アイスランド語: Surtsey)

アイスランドの南にある無人島。1963年に海底火山の噴火により出現した。日本の西之島新島と並んで、海底火山の噴火から新島を形成した典型例として有名である。「スルツェイ」はアイスランド語で「スルトの島」を意味するため、「スルツェイ島」は重複表現である。2008年ユネスコ世界遺産自然遺産)に登録される。