スワンプマン

1987年アメリカドナルド・デイヴィッドソンが考案した思考実験

「私とは何か」といった同一性アイデンティティーの問題を考えるのに使われる。

スワンプマンとは沼(Swamp)の男(man)という意味。

概要

ある男が沼にハイキングに出かける。この男は不運にも沼のそばで、突然 雷に打たれて死んでしまう。

その時、もうひとつ別の雷が、すぐそばに落ちる。

偶然にも、この落雷は沼の汚泥に化学反応を引き起こし、死んだ男と全く同一形状の生成物を生み出してしまう。

この落雷によって生まれた新しい存在のことを、スワンプマンと言う。

スワンプマンは原子レベルで、死んだ瞬間の男と同一の構造をしており、見かけも全く同一である。

脳の状態も完全なるコピーであり、記憶も知識も全く一致する。

沼を後にしたスワンプマンは、スタスタと街に帰っていく。そして死んだ男が住んでいた部屋のドアを開け、死んだ男の家族に電話をし、死んだ男が読んでいた本の続きを読みながら、眠りにつく。そして翌朝、死んだ男が通っていた職場へと出勤していく。