スヴァールバル条約

社会

スヴァールバル条約

すばーるばるじょうやく

Svalbard Treaty

北極圏のバレンツ海にあるスヴァールバル諸島の取り扱いに関する多国間の条約1920年に締結された。スヴァールバル諸島ノルウェーの統治下におくとする他、ノルウェー法律は全ては適用されず、また、全ての加盟国は等しくこの島で経済活動を行う権利を有するとされ、さらに、スヴァールバル諸島を非武装地帯とすることも定めている条約である。