ズデネク・ゼーマン

スポーツ

ズデネク・ゼーマン

ずでねくぜーまん

Zdeněk Zeman

チェコサッカー指導者。

1947年5月12日生まれ。プラハ出身。

指導歴

1981-1983
USチッタ・ディ・パレルモユース
1983-1986
SSDリカタ
1986-1987
USフォッジャ
1987
ACパルマ
1988-1989
FCメッシーナ
1989-1994
USフォッジャ
1994-1997
SSラツィオ
1997-1999
ASローマ
1999-2000
フェネルバフチェSK
2000
SSCナポリ
2001-2002
サレルニターナ
2003-2004
USアヴェッリーノ
2004-2005
USレッチェ
2005-2006
ブレシア・カルチョ
2006
USレッチェ
2008
レッドスター・ベオグラード
2010-2011
USフォッジャ
2011-2012
ペスカーラ・カルチョ
2012-
ASローマ

人物

4-3-3フォーメーションを使い、カウンターが主体のセリエAで超攻撃サッカー標榜している、数少ない監督の一人。

退場者が出てフィールドプレーヤーが9人になると、DFラインの選手もセンターに押し上げる。理論的には正しいが、それを実践するのはこの人くらいのものだろう。勝ち負けに拘らないサッカーであるため、タイトルに縁が遠い。規律を何よりも重んじ、練習も厳しいが、選手には受けがいいらしい。

フォッジャ監督時代にジュゼッペ・シニョーリを発掘している。アレッサンドロ・ネスタフランチェスコ・トッティらも指導した。

結構シニカルローマ監督時代にドーピング発言をかましたりするなど、言動もきつい。頭に超がつくヘビースモーカー。試合中でもベンチでタバコを吹かす。