セイロン沖海戦

社会

セイロン沖海戦

せいろんおきかいせん

セイロン沖海戦(せいろんおきかいせん)

1942年、太平洋戦争中、インド洋セイロン島沖で南雲中将率いる日本海軍の第1航空艦機動部隊とイギリス海軍の英極東艦隊の間で行われた海戦日本軍の攻撃は80%の命中率を誇ったといわれ、日本軍大勝に終わり、イギリス海軍インド洋から東アフリカまで引き上げた。しかし、この大勝で油断と慢心を生み、防空体制の不備など反省改善することはなく、2ヵ月後のミッドウェー海戦で南雲中将率いる機動部隊は壊滅され、日本軍は大敗を喫することになる。