スマートフォン用の表示で見る

セカンドトップ

スポーツ

セカンドトップ

せかんどとっぷ

サッカー用語。

主に2トップのフォーメーションで、中央に構えるセンターフォワードに対し、サイドに開いてのチャンスメイクや、相手守備の裏へ抜け出す動きでゴールを狙うなどの役割を果たす、フォワードの選手のこと。

選手のプレースタイルや戦術によってセカンドトップが果たす役割は様々で、従来トップ下で起用されていたパサーがこのポジションを務めることも多い。

代表的な選手として、ロベルト・バッジョドラガン・ストイコビッチフランチェスコ・トッティウェイン・ルーニーリオネル・メッシ森島寛晃大久保嘉人らが挙げられる。