SEGA Mark III からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

ゲーム

セガ・マークIII

せがまーくすりー

セガ・エンタープライゼス(現・セガ/SEGA)より1985年10月20日に発売された8bit家庭用据置型ゲーム機。当時の希望小売価格は15,000円。

SG-1000,SG-1000IIに続く第三世代の家庭用ゲーム機として「マークIII」と命名された。


当時世間を賑わせた任天堂ファミリーコンピュータの対抗機として登場。

同時発色数やオプションFM音源ユニット等によりファミコンを凌ぐ表現力を有し、従来機(SC-3000,SG-1000)用のソフトウェア資産もすべて引継ぐなどの利点はあったが、結果としてファミコン中心の市場を逆転するには遠く至らなかった。その一方でファミコンとは一味違うソフトウェアのラインアップが後の熱狂的な「セガマニア」層を産む礎ともなった。

周辺機器も豊富で、UHF電波で無線プレイを可能とする『テレコンパック』やコントローラに繋げることによって連射機能を追加する『ラピッドファイアユニット』、FM音源対応のゲームを楽しめる『FMサウンドユニット』などがある。


1987年10月に上位機種の「セガ・マスターシステム」が発売された。