SEGA からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

セガサミーホールディングス子会社で、株式会社セガゲームスの旧社名。または株式会社セガホールディングスを中心とする企業グループおよび各子会社のこと。

概要

1951年4月創業。ジュークボックスを販売する「サービスゲームスジャパン株式会社」を前身に、1960年6月3日会社設立。1965年、有限会社ローゼン・エンタープライゼスを吸収合併し、株式会社セガ・エンタープライゼスに商号変更。社名の「セガ」(SEGA)は、「SERVICE GAMES」の略とされている。1984年CSKグループの資本参加によりCSKグループの一員となる。1988年、東京証券取引所市場第二部上場1990年東京証券取引所市場第一部指定。2000年、株式会社セガに商号変更。2004年、遊技機大手のサミー経営統合、共同持株会社となるセガサミーホールディングス株式会社設立、同社の子会社となる。2015年セガグループの組織再編を実施(詳しくは後述)。

業務用ビデオゲーム機器や家庭用ゲームソフトの開発・製造・販売、アミューズメント施設運営などを事業としていた。

業務用ビデオゲーム機器等の開発、販売に於いては老舗メーカーでアーケードゲーム全盛期は『UFOキャッチャー』『プリント倶楽部』等の新ジャンルを開拓した。近年は『三国志大戦』『甲虫王者ムシキング』等カードゲームでのヒット商品が多い。

家庭用ゲーム機も長年にわたって開発・販売してきたが、ドリームキャストを最後に2001年に撤退した。

1997年には、バンダイとの合併話が持ち上がったが、後に白紙撤回(結局バンダイナムコ経営統合した)。

本社所在地は東京都品川区東品川、本店所在地は東京都大田区羽田

2015年の組織改編

2015年4月1日、セガグループの組織再編を実施。株式会社セガを存続会社に、旧セガのコンシューマ事業部門を承継したうえで、株式会社セガネットワークス吸収合併し、株式会社セガゲームスに商号変更した。セガネットワークス社内カンパニーとして存続する。

それと同時に旧セガのアミューズメント事業部門を新設分割し、株式会社セガ・インタラクティブ設立するとともに、旧セガのコーポレート部門IP管理部門ITインフラ部門等を新設分割し、株式会社セガホールディングス設立セガサミーホールディングス株式会社が保有するセガゲームスセガ・インタラクティブ、株式会社セガトイズ、株式会社サミーネットワークス、株式会社トムス・エンタテインメントマーザ・アニメーションプラネット株式会社の株式セガホールディングスが引き受け、各社がセガホールディングス完全子会社となった。

また、旧セガのエンタテインメントパーク事業の一部を新設分割し、株式会社セガ・ライブクリエイション設立。同社はセガサミーホールディングス子会社となる。

製品

家庭用ゲーム機

主要ゲームタイトル