セクハラ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

セクシャルハラスメント

せくしゃるはらすめんと

性的嫌がらせのこと。男性から女性、若しくは女性から男性に対してなどに行われることがある。

ハラスメントに当たるかどうかの基準には、行政などが示す客観的なガイドラインもあるが、あくまでも受けた側の主観が尊重されるべきとの意見もある。「環境型[environmental]」と「対価型[quid pro quo]」に分類される。「わいせつなポスターを社内に飾る」や「猥談」は環境型、「上司に関係を強要される」などは対価型に当たる。

もともとは力関係などを利用して相手の望まない性的言動を強要すること、といった意味で(上記の「対価型」にあたる)、泣き寝入りしがちだった被害者を救済するために生まれた概念だった。「環境型」に関しては、「(上下関係の有無と無関係に)単純に相手の嫌がるような性的言動」や「性差別にあたる言動」をしないという事まで含まれる。

加害・被害者の性別については、異性間にかぎらず、男性から男性、女性から女性など、同性間で行われることもあり、その場合もセクハラになる。さらに、従来は半ば公然と行われてきた「体育会系」の雰囲気の中で行われる男性から男性への性的いじめも、セクハラと認められるようになった。