セドナメソッド からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

セドナ・メソッド

せどなめそっど

レスター・レヴェンソンが開発した、精神の平安を得る事で、さまざまな問題を解決できるとする、成功法則一種

その歴史は古く、さまざまな場所で教えられているセドナメソッドの現在の形は、1973年に完成している。

日本ではマイナーだが、アメリカにはこれを教えるトレーニング協会も存在する。

--

「こころのチキンスープ」ジャックキャンフィールドも推薦するメソッドで、

自分のこころのなかの感情を「手放す」ことで、いろいろなトラブルが解決したり、願いがかなったりすると説く。

「手放す」とは、手に握りしめていたペンを放して下に落とすようなこと、である。

「その感情を認める事は出来ますか」「それを手放せますか、手放しますか?」「それはいつ?」

という自問自答のあと、感情を「手放す」ことを繰り返す。

--

方法はすべて、

人生を変える一番シンプルな方法―世界のリーダーたちが実践するセドナメソッド (単行本)

ヘイル・ドゥオスキン (著), 安藤 理 (監修), 乾 真由美 (翻訳)

に記載されており、セミナーを受けたり教材を買ったりする必要はない。

--

引き寄せの法則」と共通すると思われる部分が多数あり、

引き寄せの法則」は一時の流行ではなく、昔から存在するものであったということを確認できる。