スマートフォン用の表示で見る

セニエ法

セニエ法

せにえほう

血抜き法とも。

ワイン醸造するときに、果皮と果汁の比率を調整する目的で、搾汁直後に果汁を取り除くこと。これによって残った果汁に対する果皮の比率が高まるので、色素などの成分比が高くなり、濃いワイン醸造することができる。

ブドウや赤ブドウをセニエした場合、色素がわずかにセニエ分に滲み出る。これを再利用して発酵させてロゼワインとすることもある。