ベッテル からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

セバスチャン・ベッテル

せばすちゃんべってる

1987年7月3日生まれ。

ドイツ人

2007年、BMWザウバーの3rdドライバー*1

2007年F1アメリカGPにて、ロバート・クビサカナダGPでのクラッシュによる欠場の為、F1デビュー*2

その後ハンガリーGPにてトロ・ロッソに移籍。

2008年、F1イタリアGP予選にて、史上最年少ポールポジションを獲得。

2008年、F1イタリアGPにて、史上最年少優勝。

2009年から、2008年で引退するデビッド・クルサードの後任としてレッドブル・レーシングへの移籍が決定。

2010年、23歳134日の史上最年少でのF1ワールドチャンピオンを獲得。

*1レッドブル・レーシングからのレンタル

*2:3rdドライバーとしての、金曜日のフリー走行は経験済み