セファルディム

一般

セファルディム

せふぁるでぃむ

(Sephardim, ספרדים)

ディアスポラユダヤ人の内、主にスペインポルトガルまたはイタリアトルコなどの南欧諸国に15世紀前後に定住した者を指す言葉。それ以前については目下不明である。セファルディーム、スファラディ(Sephardi, ספרדי)、スペインユダヤ人などとも言う。語源はオバデヤ書(20)に見える地名、セパラデ(イベリアと同一視された)である。セファルディはセファルディムの単数形である。

セファルディムは、もうひとつの一大勢力であるアシュケナジムとともに、今日のユダヤ教徒社会の事実上の二大勢力であるとみなされている。イスラエルでは一般に、セファルディム中東ユダヤ人アシュケナジムヨーロッパユダヤ人を指す語として大雑把に使われる場合があるが、これはオスマン朝からイギリス委任統治期を経てイスラエル共和国建国後に至るユダヤ教宗教行政において「オリエントユダヤ教徒」(Yahudei ha-Mizrah)がセファルディムの主席ラビの管轄下に置かれていたことに起因する。本来の語義から言うと、どちらも先祖はヨーロッパに定住したユダヤ人だが、人種的にはっきりしたところは不詳で、現在も論争がたえない。少なくとも当初は、地理的な区別に過ぎなかったとされている。