セマウル号

地理

セマウル号

せまうるごう

韓国鉄道列車種別のひとつ。韓国列車種別には現在

の4種があり、その上から2番目に位置する。概ね日本の在来線特急に相当し、主要幹線でのみ運転されている。KTXの開業に伴いKTXとの並行区間ではセマウル号の本数が削減された。

「セマウル」とは韓国語で「新しい村」を意味し(韓国語の固有語で、対応する漢字はない)、朴正熙大統領時代(1970年代)に韓国で実施された「セマウル運動」に由来する。