スマートフォン用の表示で見る

セラフィタ

読書

セラフィタ

せらふぃた

 バルザック神秘主義スウェーデンボリに心酔して書いた神秘小説。バルザック作品の鬼子とも言える。セラフィータ、とも。

両性具有の天使、セラフィタの美しくも謎めいた昇天を描く神秘の物語。至上の愛を求めた観念の結晶。バルザックスウェーデンボリの影響のもと、完全なる人間、完全なる愛を求めてあらわした名作。内容(「MARC」データベースより))