セリング・クライマックス

一般

セリング・クライマックス

せりんぐくらいまっくす

相場の調整局面で外部環境の急変や総悲観になった時などに起こる出来高を伴う劇的な暴落

ほとんどの投資家暴落すると考え、持っている株を売る事により、売りが売りを呼び、損失への恐怖からパニック状態に陥る。

信用取引で信用買いをしている人の評価損が膨らみ、追証が発生して手持ち証券を売らざるを得なくなるなど投げが投げを呼ぶ。

下げ相場の大底近辺では、短時間に大量の投売りが出た結果、「売りが一掃される現象」が起きる。