セント・アンドルーズ

地理

セント・アンドルーズ

せんとあんどるーず

(St. Andrews)

スコットランドのファイフにある北海に面する町であり、ゴルフの発祥の地として知られる。名前は「聖アンデレ」にちなんで命名された。ゴルフの権威であるR&Aゴルフクラブと美しいゴルフコースのセント・アンドルーズ・リンクスがあるため、セント・アンドルーズは「ゴルフの聖地」と呼ばれている。5年に1度、四大メジャーで最古の歴史を誇るゴルフ大会・全英オープンがセント・アンドルーズ・リンクスのうちの最も由緒ある「オールド・コース」(Old Course)を舞台に開かれている。また、スコットランド最古の大学であるセント・アンドルーズ大学が置かれている。