スマートフォン用の表示で見る

セントクリストファー・ネーヴィス

地理

セントクリストファー・ネーヴィス

せんとくりすとふぁーねーう゛ぃす

Saint Christopher and Nevis

カリブ海の東部、小アンティル諸島北部リーワード諸島にある島国。名前の通り、セントクリストファー島(セントキッツ島)とネーヴィス島(ネービス島)から成る。

農業(砂糖)と観光に依存する典型的なカリブの島国。英連邦所属。

略史

1493年にコロンブスが二回目の航海で到達。自分の守護聖人の聖クリストフォロスにちなんで命名。英仏間で争奪があったが、1783年に英領として確定。

1871年にクリストファー島とネイビス島と、さらに北部アンギラ島を合わせた英植民地となる。

その後、1967年に内政自治権を得て英自治領となる。アンギラ島が分離してイギリス直接統治に戻された後、1983年に独立。

ネーヴィス島は分離独立を求めて1998年に住民投票を行ったが、必要な得票に満たせずに連邦が維持された。

※「セントクリストファー・ネーヴィス」は、日本の外務省による国名表記


リスト::国家