セントビンセントおよびグレナディーン諸島 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

地理

セントビンセント及びグレナディーン諸島

せんとびんせんとおよびぐれなでぃ

Saint Vincent and the Grenadines (英)

カリブの島国。カリブ海の東南で弧状をなす小アンティル諸島に位置する。

国土は面積の大半を占める最大の島であるセントビンセント島と、その他のグレナディーン諸島からなる。

基本的には農業国。英連邦所属。

略史

1498年にコロンブスが到達したとされる。英仏間で争奪があったが、1783年にイギリス植民地となる。

イギリスとカリブと呼ばれる原住民の間で争いがあったが、1796年にアバクロンビーが鎮圧し、多数のカリブが島外に追放された。

1969年に英自治領となり、1979年に独立。

※「セントビンセント及びグレナディーン諸島」は、日本の外務省による国名表記


リスト::国家