スマートフォン用の表示で見る

センノサイド

種別 便秘症の治療薬,下剤

  • 主な作用:大腸の神経を刺激し、大腸の運動を活発にすることによって、排便を促進する下剤です。
  • 副作用など:腹痛、悪心、嘔吐などが起こることがあります。効きすぎると流産の危険があるので、妊娠している人は医師とよく相談しながら服用しましょう。
  • 用い方と注意:寝る前に服用します。頑固な便秘には1日3回毎食後服用をしばらく続けましょう。しかし長く服用を続けると、耐性を生じて、効きめが悪くなる傾向があります。なお、服用中は尿が赤っぽくなることがありますが心配いりません。