ふしぎの木の実 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

ゲーム

ゼルダの伝説 ふしぎの木の実

ぜるだのでんせつふしぎのきのみ

任天堂より2001年2月27日に発売されたゲームボーイカラー専用アクションアドベンチャーゲーム。「大地の章」と「時空の章」の2つのバージョンが発売された。


ゼルダの伝説シリーズの第7作目。開発元はカプコンで、シリーズで初めて任天堂以外の会社が開発を担当した。

「大地の章」と「時空の章」のゲームシステムは共通だが、ストーリーやマップ構成は異なっており、それぞれ別のストーリーが展開される。「大地の章」は季節を操る「四季のロッド」、「時空の章」は過去と現在を行き来できる「時の竪琴」が謎解きの鍵となる。

「大地の章」のストーリーは、ホロドラム地方を舞台に、闇の将軍ゴルゴンに囚われた大地の巫女ディンを救うため、大地に聖なる力を与えるという8つの「大地のことわり」を求めて、勇者リンクが冒険に出る。「時空の章」は、ラブレンヌ地方を舞台に、闇の司祭ベランに取り憑かれた時の巫女ネールを助け出すため、勇者リンクが時を流れを正しくする聖なる力を秘めた8つの「時空のことわり」を探す旅に出るというストーリーとなっている。

2つの章はリンクシステムで連動する。最初に遊んだ章で表示されたパスワードを次に遊んだ章で入力すると、シナリオが変化したり、アイテムを持ち込んだりできるなど、ゲーム内容が変化するようになっている。

ゲームボーイアドバンスでプレイすると、「アドバンスショップ」という店が開店する要素がある。


なお、「ふしぎの木の実」は当初、「力の章」「勇気の章」「知恵の章」の三部作として発表されていた。しかし、3作品をリンクさせることで開発が難航したため、「大地の章」「時空の章」の二部作で発売されることになった。


2013年2月27日より、ニンテンドー3DSバーチャルコンソールで配信されている。価格は各600円。ただし、「アドバンスショップ」には入ることができない。

関連商品

ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章

ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章

ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 時空の章

ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 時空の章