ゼロ・トレランス

一般

ゼロ・トレランス

ぜろとれらんす

寛容(度)ゼロの警察活動。

割れ窓理論に基づいて軽微な犯罪に対しても情状酌量ぬきにきわめて厳格で重点的な取締りを行うことで、「体感治安」を上げることで、犯罪率を低下させるという理論、行動。

ニューヨーク市ジュリアーニ市長が実践し効果を上げたとされるが、犯罪率の低下がこの政策の結果であったかどうかには批判もある。また、この政策の結果として警察による暴行、過剰干渉が増加したこと、とくにステレオタイプな「犯罪予備軍」がむしろ犯罪においやられる効果があったともいわれる。

関連 法の完全実行 コントロール理論 破れ窓理論