ゼンガー・ゾンボルト

ゲーム

ゼンガー・ゾンボルト

ぜんがーぞんぼると

スーパーロボット大戦シリーズに登場する、バンプレストオリジナルのキャラクター。担当声優小野健一

初出は『スーパーロボット大戦α外伝』。『第2次スーパーロボット大戦α』ではスーパー系男主人公として登場。スーパーロボット大戦OGシリーズにも登場する。

搭乗機はスレードゲルミル(α外伝)、グルンガスト零式(OG)、グルンガスト参式(OG2・第2次α)、ダイゼンガー(OG2・第2次α・第3次α)。


階級は少佐。29歳。

自らを「悪を断つ剣」と称し、剛胆な性格で自分の信念を貫く武人。義を重んじ、常に正々堂々とした行いをとることを心掛けるなど、まさに「侍」を具現化したような人物である。

自身は示現流の師範代でもあり、生身の戦闘能力の高さとそれを生かした特機(スーパーロボット)での他を圧倒する戦い振りから、武神もしくは剣神と称されている。

ダイゼンガーの「斬艦刀・雲耀の太刀」の戦闘アニメは一見の価値あり)

男気溢れるセリフと小野氏のシブイ声により多くのファンを獲得し、一部の熱狂的なファンはゼンガーを「親分」と呼んでいる。

ちなみに、ソフィア・ネート博士との関係が取り沙汰されているが、これについて親友であるレーツェル・ファインシュメッカー曰く、ゼンガーにとって彼女は「心の伴侶」だとか。(「第3次α」参照のこと)

弱点は酒が一滴も飲めないこと。料理に入れられた隠し味のブランデーだけで卒倒する。