スマートフォン用の表示で見る

ゼンセン同盟

一般

ゼンセン同盟

ぜんせんどうめい

かつて存在した日本の労働組合。繊維やアパレル関連の労働組合の他、スーパーマーケットなどの労働組合も加盟していた。

1946年に全国繊維産業労働組合同盟として設立。1974年にゼンセン同盟と改称。2002年に日本化学・サービス・一般労働組合連合(CSG連合)、日本繊維生活産業労働組合連合会(繊維生活労連)と統合し、全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟UIゼンセン同盟)を結成した。