SJW からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

ソーシャル・ジャスティス・ウォリアー

そーしゃるじゃすてぃすうぉりあー

直訳すると「社会正義の戦士」の意味。略称として「SJW」と表記されることもある。

現在は、揶揄的な意味を込められることが多い。

詳細は英語版ウィキペディアの項目を参照。

https://en.wikipedia.org/wiki/Social_Justice_Warrior

"Social justice warrior" (commonly abbreviated "SJW") is a pejorative term for a person expressing or promoting socially progressive views, including advocacy for women's rights and civil rights.[1][2] The phrase originated as a laudatory term for those engaged in social justice.[2]

The Washington Post interviewed the chief of United States dictionaries for Oxford University Press, Katherine Martin, who acknowledged that the term was previously used primarily to compliment an individual.[2] Martin noted the term had mostly positive usage in the 1990s through 2000s.[2] The Washington Post traced its usage "when it was used as a compliment" to its subsequent inclusion in debate with a negative connotation.[2]

The negative connotation was particularly aimed at those espousing views adhering to social liberalism, political correctness or feminism, and was popularized during the Gamergate controversy.[3][2] The accusation of being an SJW implies that a person is engaging in disingenuous social justice arguments or activism to raise his or her personal reputation.[4]



機械翻訳

「社会正義の戦士」(略称「SJWは」)である軽蔑のためのアドボカシーを含む社会的に進歩的な見解、表現するか、促進者のための用語、女性の権利と市民権を。[1] [2]という語句は、それらのための賞賛用語として始まり従事し、社会正義。[2]

ワシントン・ポスト紙は、米国辞書のチーフにインタビューオックスフォード大学出版用語は、以前に個々を補完するために主に使用されたことを認め、キャサリン・マーティン、。[2]マーティンは、この用語は2000年代を通じて、1990年代に主に肯定的な用法を持っていたと指摘しました。[ 2] ワシントン・ポスト紙は、「それは褒め言葉として使用されたときに「否定的な意味合いを持つの議論でそれに続く含めることにその使用をトレース。[2]

否定的な意味合いは、特にに付着したものespousingビューを目的とした社会自由主義、政治的正しさやフェミニズムとの間に普及したGamergate論争。[3] [2] SJWであることの告発は、人が不誠実に従事されていることを意味し社会正義彼または彼女の個人的な評判を高めるためには、引数またはアクティビズム。[4]


英語スラングを紹介するブログでも、2014年に記事にされている

英語ネットスラング辞典

http://eigo-net-slang-jiten.blogspot.jp/2014/08/sjw.html


2015年記事によると、この言葉をタイトルにうたった風刺ゲームもできているという。

http://jp.automaton.am/articles/impressionjp/impression-social-justice-warriors/