スマートフォン用の表示で見る

ソラニン

キーワードの候補

2件

ジャガイモの芽には毒がある。その毒の正体はソラニンと呼ばれる物質である。solanin.


ソラニンとは、ジャガイモの表皮や芽などに含まれるアルカロイドの一種。

光が当たりジャガイモの芽や皮の緑色になった部分に多く含まれている。有毒物質。

神経に作用する毒性を持ち、食べ過ぎると腹痛やめまいや嘔吐などの中毒症状を起こす可能性があり、子供だと命に関わることもあるという。


状態1kgあたり症状
平常0.04〜0.12g特に害はない
発芽1.0g以上摂取量によっては中毒症状

ジャガイモの芽を「200g」程度食べれば中毒症状が出る恐れがある。

(200gとは1円玉が200枚程度の重さ)

中毒の事例

1969年ロンドンの小学校で起こった例である。原因は夏休み中ずっと放置してあったジャガイモが、誤って給食の食材に使われたことであり、給食から6時間後、78人が倒れ、17人が入院、そのうち3人が重症であった。その症状の深刻さをその時のカルテが物語っている。

http://pharmacy.client.jp/poison2.html

対処方

ソラニンは水溶性であり、熱に強いので加熱調理では中々分解されない。しかし、水にとけやすい性質なので芽を取り除いて皮をむいたジャガイモを水につけておくとある程度はぬけるという。光に当てないために冷暗所に保存する。


マンガ

ソラニン

そらにん

浅野いにおの漫画。

2005年から2006年まで週刊ヤングサンデー小学館)にて連載された。単行本は全2巻。

三木孝浩監督、宮崎あおい主演により実写映画化。2010年4月3日に公開。