スマートフォン用の表示で見る

ソル・キャンベル

スポーツ

ソル・キャンベル

そるきゃんべる

Sol Campbell

イングランドのサッカー選手。ポジションはディフェンダー

ソルは愛称。本名はスルジール・ジェレマイア・キャンベル(Sulzeer Jeremiah Campbell)。

1974年9月18日生まれ。ロンドン出身。身長188cm、体重91kg。

イングランド代表

1996年5月18日 ハンガリー戦でフル代表デビュー

(1995年2月15日のアイルランド戦でデビューしたが、この試合は僅か27分で中止となってしまったため、公式デビューとみなされていないケースが多い)

1996年 EURO96出場(ベスト4)

1998年 FIFAワールドカップフランス大会出場(ベスト16)

2000年 EURO2000出場(グループリーグ敗退)

2002年 FIFAワールドカップ・日韓大会出場(ベスト8)

2004年 EURO2004出場(ベスト8)

2006年 FIFAワールドカップドイツ大会出場(ベスト8)

獲得タイトル

1998-1999 リーグカップ優勝

2001-2002 プレミアシップ優勝 / FAカップ優勝

2002-2003 FAカップ優勝

2003-2004 プレミアシップ優勝

2004-2005 FAカップ優勝

2007-2008 FAカップ優勝

経歴・プレースタイルなど

空中戦に抜群の強さを誇るセンターバックイングランド代表でも守備の要としてかつて君臨しており、2002年ワールドカップで見せたリオ・ファーディナンドとのコンビは大会随一の堅守を誇った。また、フリーキックを武器とするイングランド代表において、キャンベルは重要な得点源でもある。

キャンベルは1992-93シーズンにトッテナム・ホットスパープレミアシップデビュー、その年はほとんど出場機会に恵まれなかったが、徐々にその才能を開花させていく。1996年には代表デビュー、待望の若手センターバックとして期待され、1998年のフランス大会では目覚しい活躍を見せて世界的に注目されるようになる。

2001年に8年間在籍したスパーズを去り、因縁のライバルであるアーセナルに移籍。この移籍は元々両チームが激しいライバル関係にあることに加え、契約満了後のフリー移籍だったこともあり、ファンを激怒させることになる。スパーズファンはキャンベルを「ユダ」と呼び、アーセナルとの試合で物を投げ込む、チームバスを取り囲むなど、怒りを露わにした。キャンベルの元に脅迫文書が送られたこともあったという。

トニー・アダムズ引退後の2002-03シーズンには完全にアーセナルの守備の要として活躍。2003-04シーズンには無敗優勝を達成したチームに大きく貢献した。いまやプレミアシップでも有数のセンターバックであることに疑いの余地は無いだろう。それだけに怪我での欠場やラフプレーによるサスペンションの多さが気になるところである。

2004年以降は故障にも悩まされ、2006年のFIFAワールドカップでは控えに回った。2006年夏、アーセナルを退団し、ポーツマスに移籍。ポーツマスではレギュラーセンターバックとして活躍し、2007-2008シーズンにはFAカップ優勝を果たした。