スマートフォン用の表示で見る

ソレスタルビーイング

アニメ

ソレスタルビーイング

それすたるびーいんぐ

[英] Celestial Being

アニメ機動戦士ガンダム00」に登場する架空の私設武装組織で、「ソレスタルビーイング」とは天上人の意。西暦2100年頃に科学者イオリア・シュヘンベルグによって創設され、紛争根絶のために、あらゆる紛争に対して武力による介入を行い、紛争を幇助する企業や国も武力介入の対象とする。

対立を続ける「ユニオン」、「人類革新連盟」(人革連)、「AEU」による3陣営の戦争に対し、所有する4機のガンダムだけで戦いに挑む。

当初は半永久機関である太陽炉を搭載したガンダム圧倒的優位を誇っていたが、ソレスタルビーイング内部での裏切りによって、擬似太陽炉が各国家群に渡ったことで、ミリタリーバランスが崩れてしまう。国連軍との決戦により多くの仲間が死傷し、いったんは崩壊する。

しかし、4年後に活動を再開。ただし、以前と異なり武力介入は独立治安維持部隊「アロウズ」に対してのみ行われ、他の組織には攻撃しない。