スマートフォン用の表示で見る

ゾイドインフィニティ

ゲーム

ゾイドインフィニティ

ぞいどいんふぃにてぃ

タイトーが2004年にアーケードに送り出した対戦ゲーム。若干対戦バランスに難があるという意見もある。

後にパラメーターの見直しと新機体/アイテムを実装した「ゾイドインフィニティEX」がリリースされた。これによって機体と武装の選択肢がかなり多くなったが、ブラストルタイガーやゴジュラス・ギガ等の一部の機体がゲームバランスを崩壊させている、と言う意見も依然として残っている。*1

また、PS2*2も発売されたが…

  • 各種パラメーターが発売当時のバージョンよりも古い*3ものが採用されている
  • アーケードモードと家庭用モードのシステムが完全に別物*4で、追加機体を使えるモードも限られている
  • ストーリーのベースはゾイドVS3の後日談だが、アニメ*5と中途半端にリンクさせたことが原因で破綻してしまっている
  • アナログスティックでは特殊入力*6が出しにくい

などの問題点があったため、アーケード版をやり込んだプレイヤーの評価はかなり厳しいようである。

2006/03/30にXbox360にてオンライン対戦を実装したゾイドインフィニティEX NEOが発売された。こちらは発売当時のアーケード版と同じパラメーターが採用されたが…

  • 「機体の初期装備」の売却価格がすべて0BPに設定されているため、とにかく階級が上がらない
  • アイテムの保持上限が24個と少ないため、「一度でも乗った機体にはいつでも乗り換えOK」と言うシステムが生かせていない*7
  • アーケード版から追加された機体がハヤテライガーとバイオティラノの2機のみ*8

など、ユーザーに不親切な点があまりに多いためか評価は低いようである。

機体一覧*9

初期機体

2次機体

3次機体

4次機体

*1:そのためか、2005/12/20付けのアップデートで各武装と機体のパラメーターが大幅に見直された

*2ゾイドインフィニティ フューザーズ

*3:より正確には最初期の

*4:射撃がガードできる、オプション装備がスロット制、CW近接の演出が無駄に長すぎる…など

*5ゾイドフューザーズ

*6:レバーを互いに外側+トリガー

*7:まだ乗り換えられない機体のための乗り換えアイテムと、よく使う機体の武器だけでもアイテムがいっぱいに…

*8PS2版に追加された機体すら収録されていない

*9アーケード版EXでの