タイビン村虐殺事件

社会

タイビン村虐殺事件

たいびんむらぎゃくさつじけん

ベトナム戦争時の1966年2月にベトナムビンディン省タイビン村で韓国軍が住民65人を虐殺した事件。 

1966年2月、ベトナムビンディン省に駐屯していた大韓民国陸軍首都師団(通称猛虎部隊)(en)は早朝にタイビン村(Thái Bình /太平)を訪れ、住民68名を1ヶ所に集めると銃撃を加えるとともに手榴弾を投げつけて婦女子を含む65名を殺害した。生存者はわずか3名であった。

タイビン村では虐殺された犠牲者名を記した慰霊碑と事件を記録した壁画が設けられ、生存者が虐殺の証言を行っている。2008年現在のベトナムでは韓国軍によって少なくとも9000名が虐殺されたとも、あるいは、30万人を超すベトナム人が虐殺されたとも言われている。