タイムワープ

いわゆる時間旅行、タイムトラベルのこと。SFで頻繁に使われる他、物理学的にも議論されている。

未来へのタイムワープは、十分なエネルギーがあれば簡単である。特殊相対性理論にもとづけば、高速で移動する物体のなかでは、時間の進み方が遅くなる (双子のパラドックス)。これを利用して、高速で飛ぶ宇宙船に乗って宇宙を旅し地球に戻ってくれば、宇宙船の中では大して時間がかかっていないのに、地球では時間が経っているという状況を作りうる。

過去へのタイムワープは難しい。同じく、特殊相対性理論によれば、なんらかの手段で瞬間移動*1を行うことが出来れば、過去へさかのぼることが出来る。しかし、その場合「親殺しのパラドックス?」などのタイムパラドックスが生じてしまい、矛盾が起こりうる。このため、スティーブン・ホーキングは「時間順序保護仮説」(宇宙の物理法則が過去へのタイムワープを禁じているという仮説)を提唱している。

*1:空間的時空への移動