スマートフォン用の表示で見る

タイワンキンギョ

動植物

タイワンキンギョ

たいわんきんぎょ

  ゴクラクギョ科、体長は8cm程で中国南部、台湾東南アジアが原産地です。現在は沖縄沖永良部島に移入されています。絶滅危惧種になっています。

闘魚(トウギョ)とも呼ばれていて、気性の激しい魚です。闘魚と言えばベタが思い出されますが、ベタほどキレイな発色はしていません。

  浮き草のしげった川の下流のよどみ、池、田んぼなどに住んでいるようです。春から夏に泡の巣に卵を産みます。この卵の面倒を見るのはオスの役目です。