スマートフォン用の表示で見る

タツィオ・ヌヴォラーリ

スポーツ

タツィオ・ヌヴォラーリ

たつぃおぬう゛ぉらーり

戦前のイタリアを代表する伝説的なレーサー。「空飛ぶマントヴァ人」の異名で知られる。(1892年11月16日生〜1953年8月11日没)

当初はライダーとしての活動も並行して行い、1925年ヨーロッパ選手権350ccクラス王者となる。

のち4輪に転向し、1930年代スポーツカーレースで活躍、1932年にはヨーロッパドライバーズチャンピオンとなった。またル・マン24時間レースの優勝経験も持つ。

その名声は、著名な公道レースの一つであったミッレ・ミリア?が、没後彼の故郷・マントヴァを通るルートに変更されるほどだったという。

伝説

4輪ドリフト走行の開祖とされるほか、以下のような伝説が残る。

  • ミッレ・ミリアの夜間ステージでブラインド・アタックを仕掛け勝利
  • ドイツ勢が必勝態勢で臨んだ完全アウェー状態のドイツGPで逆転勝利し、国旗掲揚国歌演奏時にあり合わせのもので間に合わせる羽目に
  • パンクした車で3輪走行を行い勝利
  • ステアリングが壊れたため、急きょスパナをハンドル代わりにしたが、それでも勝利

など。