タハミーネ

読書

タハミーネ

たはみーね

田中芳樹の小説『アルスラーン戦記』の登場人物。

パルス王国の王妃。もとはパルスと敵対関係にあったバダフシャーン公国の妃だったが、バダフシャーン併合に伴い、国王のアンドラゴラス三世の妻となる。アルスラーンの実の母にあたるが、なぜか彼に対して冷ややかな態度を取る。

妖しい美貌を持つ絶世の美女で、「関わった男性をことごとく不幸な境遇へと陥れる」とも噂される。