タルトゥ

タルトゥ

(地理)
たるとぅ

(Tartu、独:Dorpat,ドルパート、 露:Юpьeв ,ユーリエフ)
エストニアで都市。首都タリンに次ぐ同国第2の都市。エマユギ川沿いに位置する。11世紀にキエフ大公ヤロスラフ1世が城を築き、13世紀にリボニア騎士団の支配下に置かれた。その後ハンザ同盟都市として発展。17世紀にスウェーデン王による同国最古の大学が設置され、現在でも学問・文化の中心として知られる。首都のタリンが政治・商業の中心であるのに対して、エストニア最古の大学があるタルトゥはエストニアの学問・文化の中心である。

新着ブログ: タルトゥ