ダービーオーナーズクラブ

ゲーム

ダービーオーナーズクラブ

だーびーおーなーずくらぶ

セガが1999年に発表したアーケード競走馬育成シミュレーションゲーム。略称は「DOC」または「ダビオナ」。

筐体は大画面モニターと独立型サテライトで構成される。磁気カードに作った馬のデータや戦績を登録するシステムは、当時のアーケードゲームでは画期的。

2001年末に「ダービーオーナーズクラブ2」が稼動開始。

2004年にはWindows PC用オンラインゲームダービーオーナーズクラブオンライン」も発表された。2006年9月30日をもってサービスを終了した。

2008年3月、久々にアーケード向けの新作「Feel the Rush 2008」が稼動開始。使用基板はLINDBERGH BLUE。「馬カード」の他に「オーナーカード」(ICカード)も使用するシステムとなった。

2009年6月25日、アーケードで新バージョン「Ride for the live 2009」が稼働開始。

2012年夏にはiPhoneアプリとしても稼働を始めた。