ダーレージャパン からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

ダーレー・ジャパン

だーれーじゃぱん

アラブ首長国連邦UAEドバイ首長ムハンマド・ビン=ラーシド・アール=マクトゥーム(シェイク・モハメド)が代表を務めるダーレー・グループの日本における代理現地法人を示す。


ダーレー・ジャパン株式会社

2002年6月設立。所在地は北海道沙流郡日高町(当初は北海道勇払郡厚真町)。海外のダーレー・グループから日本のダーレー・ジャパンレーシング、及びダーレー・ジャパン・ファームに競走馬を売却する。


ダーレー・ジャパンレーシング有限会社

ダーレー・ジャパン株式会社の子会社で2003年に設立。同年に地方競馬法人馬主資格を取得し南関東公営船橋競馬に参入。2004年はゼレンカが活躍、2005年はシーチャリオット南関東二冠を制し、2006年はフリオーソ全日本2歳優駿を制した。


ダーレー・ジャパン・ファーム(有限会社

ダーレー・ジャパン株式会社の子会社で、競走馬の生産、および育成業務を行う。2004年9月設立創業者は高橋力。北海道沙流郡日高町を中心に6場の牧場が所在。2005年からの懸案事項だったJRAへの参入問題について、2007年7月25日、ダーレー・ジャパン・ファームについてJRAによる馬主登録が認証、18日付けで公示された。その後巨額のトレードで獲得し、2007年のジャパンカップを制したアドマイヤムーン、2005年の南関東二冠馬シーチャリオットなどを競走馬登録していたが、2007年10月27日、中央馬主登録の抹消をJRAに申請した。


ダーレー・ジャパン・スタリオン・コンプレックス

ダーレー・ジャパン株式会社直属の種牡馬繋養施設。「ホッカイ」の冠号で馴染みのある旧北海牧場本場を買収し、北海道沙流郡日高町富浜に所在。


主な繋養馬
過去の繋養場
他場繋養馬
目次
  • ダーレー・ジャパンとは
    • ダーレー・ジャパン株式会社
    • ダーレー・ジャパン・レーシング(有限会社)
    • ダーレー・ジャパン・ファーム(有限会社)
    • ダーレー・ジャパン・スタリオン・コンプレックス
      • 主な繋養馬
      • 過去の繋養場
      • 他場繋養馬