スマートフォン用の表示で見る

ダッカ日航機ハイジャック事件

社会

ダッカ日航機ハイジャック事件

だっかにっこうきはいじゃっくじけ

1977年9月28日に、日本赤軍が起こしたハイジャック事件。



1977年9月28日、パリ発羽田行きの日本航空機472便(DC-8、乗員14名、乗客137名、犯人グループ5名)が、経由地のインドボンベイ空港を離陸直後、拳銃、手投げ弾などで武装した日本赤軍グループ5名によりハイジャックされた。同機はバングラデシュダッカ国際空港に強行着陸、犯人グループは人質の身代金としてアメリカドルで600万ドル(当時の為替レートで約16億円)と、日本で服役および勾留中の、メンバー及び日本赤軍に加えようと目をつけた囚人(新左翼活動家や、「獄中闘争」を評価した一般刑事犯)9名の釈放を要求し、これが拒否された場合、または回答が無い場合は人質を順次殺害すると警告した。