ダニエルズ・プラン

一般

ダニエルズ・プラン

だにえるずぷらん

[Daniels Plan]

ダニエルズ計画とも。ダニエル・プラン、ダニエル計画などは誤用

海軍長官ダニエルズ(Daniels,Josephus 1862-1948)によって計画*1された、アメリカ海軍の大艦隊整備計画。1916年議会承認

日本海軍八八艦隊計画に対抗して、戦艦10隻、巡洋戦艦6隻を基幹とする155隻、合計80万トンにも及ぶ艦隊を3年間で整備するとしたものであった。

しかし、この計画は建造費用の高騰などから大国アメリカ国庫をも圧迫し、同様に建艦競争の負担に耐えかねていた日本、イギリスとともに、1922年海軍軍縮条約ワシントン条約)を結ぶこととなる。

ダニエルズ・プランによって建造された主力艦は、コロラド級3隻と空母に改装された巡洋戦艦レキシントン級2隻に終わり、残りはすべて建造中止となった。

ダニエルズ・プラン 計画艦

*1ダニエルズ長官は議会に提出しただけで、ご本人は軍拡には消極的だったとも言われる。