ダビド・ビジャ

David Villa

スペイン代表歴のあるサッカー選手

プロフィール

フルネーム : David Villa Sánchez (ダビド・ビジャサンチェス

生年月日 : 1981年12月3日

出身地 : Langreo, Asturias (ラングレオ?アストゥリアス自治州

身長・体重 : 175cm・69kg

ポジション : センターフォワード

ニックネーム : El Guaje (エル・グアヘ、少年という意味)

経歴、プレースタイルなど

スピードとテクニックを兼ね備え、フリーになる動きが上手くカウンターやスルーパスからの得点も多い。またフリーキックも得意とし、ほとんど失敗しないPKキッカーとしても知られている。10歳のころから生まれ故郷ラングレオ?の少年クラブでサッカーをはじめ、その後スポルティング・デ・ヒホンカンテラへ加入する。

スペイン代表デビューは2005年2月9日サンマリノ戦。2006年FIFAワールドカップでは4試合出場し3ゴールを記録。2年後のUEFAヨーロッパ選手権では得点王 (4得点) を獲得しスペイン代表の44年ぶりヨーロッパ制覇に貢献した。2010年FIFAワールドカップでは、不調のフェルナンド・トーレスに代わるエースストライカーとして得点王タイの5得点を挙げる活躍を見せ*1、スペイン代表を初優勝に導いた。

2011年12月15日、FIFAクラブワールドカップ アル・サッド戦で左脚のけい骨を骨折。全治最長5か月と診断され、残りの2011-12シーズンと2012年6月のUEFAヨーロッパ選手権に出場できなくなった。

*1トーマス・ミュラーヴェスレイ・スナイデルディエゴ・フォルラン得点王タイ。ゴールデンブーツ賞は試合出場時間やアシスト数などの差でトーマス・ミュラーが受賞し、ビジャはシルバーブーツ賞を受賞した