ダフニ修道院

地理

ダフニ修道院

だふにしゅうどういん

(希:Μονὴ τῆς Δάφνι/Δάφνιον)

ギリシア共和国アテネ近郊、ダフニにある中期ビザンティン建築修道院。現在は中央聖堂のみが残る。中央聖堂は11世紀末の建設と考えられているが、修道院自体の設立は5世紀から6世紀の間と推定される。

11世紀のモザイクが残るたいへん重要な聖堂であるが、地震によって損壊し、現在は長い修復の最中である。1990年、他の2つの修道院とともにユネスコ世界遺産に登録された(登録名は「ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院?、ヒオス島のネア・モニ修道院?」)。