ダブルウィッシュボーン式

一般

ダブルウィッシュボーン式

だぶるうぃっしゅぼーんしき

自動車サスペンション形式の一つ。

路面に対してほぼ水平に取り付けられた上下2本のアームとサスペンションによりタイヤを支える形式。上下に置かれたロッドの形状がウィッシュボーン(鳥の叉骨)に似ている事からこの名称で呼ばれている。

上下のロッド長やアームの取り付け角度等を変えられ、かつサスペンションの設計に制約が少ないためアライメント調整の自由度が高く、そのため高級車やスポーツカーに採用される事が多い。

欠点としては、サスペンションの構造上ホイールハウスのスペースが必要ため居住スペースが犠牲になってしまい、一般的なファミリーカーには不向きな事が挙げられる。