スマートフォン用の表示で見る

ダブルドラゴン

ゲーム

ダブルドラゴン

だぶるどらごん

1987年に登場したテクノスジャパン制作のアーケードゲーム

漢字では「双截龍」


主人公であるビリーとジミーのリー兄弟が、さらわれた彼女を取り戻すため、カンフー技を駆使して次々と現われる敵と戦っていく格闘アクションゲーム

斜め上方からの視点による横スクロールタイプのアクションゲームで、プレイヤーキャラクターを左右方向だけでなく上下方向にも移動させることができる。

同じくテクノスジャパンが制作した「熱血硬派くにおくん」とともに、ベルトスクロールアクションと呼ばれるジャンルの先駆けとなった。


テクノスジャパンは1995年に倒産したが、2004年3月5日に9年ぶりの新作「ダブルドラゴンアドバンス」がアトラスより発売された。