ダリューン

読書

ダリューン

だりゅーん

田中芳樹の小説『アルスラーン戦記』の登場人物。

パルス王国の武将で万騎長(マルズバーン)の一人。若き王太子アルスラーンの忠実な部下で、大将軍ヴァフリーズの甥。武勇に優れ、剣術の腕前は一流。

アルスラーンの初陣となった第一次アトロパテネ会戦において、パルス軍は万騎長カーラーンの裏切りにあってルシタニア軍に大敗、王都エクバターナも陥落する。アルスラーンと共に落ち延びた先で、隠棲していた親友ナルサスを頼る。