ダンス・レボリューション

映画

ダンス・レボリューション

だんすれぼりゅーしょん

解説

 昼も夜も働きながらプロのヒップ・ホップ・ダンサーを目指す一人の女性が、掴みかけた夢と現実の狭間で葛藤し、やがて本当の自分を見出していく姿を描いた青春ドラマ。  夜はクラブでバーテンダー、昼はレコード店でバイトをしながら市民センターで子供たちにヒップ・ホップ・ダンスを教えているハニーは、プロのダンサーを夢見ていた。そんなある日、彼女は有名な監督の目に留まり、音楽ビデオの振り付け師として成功を収める。しかし、それと引き換えに親友や子供たちと過ごす時間がなくなり、自分を見失ってしまう。また、体を求めてきた監督を拒んだハニーは、仕事を干される羽目に…。

ダンス・レボリューション -- 映画 「 ダンス・レボリューション 」の詳細情報

スタッフ

  • 監督:ビリー・ウッドラフ?
  • 製作:アンドレ・ハーレル?、マーク・E・プラット?
  • 製作総指揮:ビリー・ヒギンズ?
  • 脚本:アロンゾ・ブラウン?、キム・ワトソン?
  • 音楽:マーヴィン・ウォーレン?

キャスト