チーフテン

一般

チーフテン

ちーふてん

Chieftain(英)


イギリスの戦車。英陸軍の伝統に従い、Cで始まる名を持つ。

60年代から70年代にかけて配備された、戦後第二世代の戦車。ただし、同世代の戦車と異なり、120mm砲を搭載している。

大戦末期に登場したセンチュリオンと、戦後配備された重戦車コンカラーを置き換えるためのMBTとして設計された*1

当時は機動力重視と装甲軽視の時代で、フランスのAMX30のような戦車も出現していた。

が、チーフテンコンカラーと同等の火力を求めて120mmライフル砲を装備し、さらに重装甲と弱機動力という当時の主流*2とは逆行する戦車となった。

このため当時から評価の分かれる戦車となった*3

イギリスとの関係の深い中東諸国への売り込みは成功し、クウェートイランヨルダンなどで使用されている。


*1:いやセンチュリオンの105mm砲換装自体がコンカラーの代替と言えなくもないですが

*2:対戦者ミサイルの発達によって、装甲では防げないという意見が当時ははびこっていた

*3湾岸戦争の教訓などから、重装甲自体は正解だったと見られる