スマートフォン用の表示で見る

チーム関西

社会

チーム関西

ちーむかんさい

関西地方で活動する日本の右派系市民団体。「行動する保守」を標榜する団体の一つ。

概要

2009年10月、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)を始めとする右派系市民団体の関西在住メンバーや、関西地方で活動する無所属右派系市民活動家右派系ネットユーザー(ネット右翼)らの連合グループとして結成された。

活動内容は他の「行動する保守」系団体やネット右翼層と同様、リベラル左派勢力や在日韓国朝鮮人などを「反日的」とみなして糾弾するというものだったが、チーム関西ではとりわけ過激な言動を多用する傾向にあり、そのためメンバーの検挙事例が後を絶たなかった。一時は主要メンバーの大半が活動関係の前科・前歴持ちとなり、「チーム関西」ならぬ「チーム犯罪」だと揶揄された。

2011年秋頃から人間関係の悪化による感情的な対立が深まっていたこともあり、2012年2月12日をもって表向きはチーム関西としての活動を休止することになった。ただし現在でも公式サイトの活動告知カレンダーの使用やカンパの募集は続けられており、チーム関西の枠組みを利用した街宣・デモ等の活動も散発的に行われている。

事件

活動に際して犯罪行為や民事上の違法行為に及ぶことが多く、2013年3月末までにメンバー1人に懲役刑(実刑)、12人(延べ人数、以下同じ)に執行猶予付き懲役刑、1人に罰金刑が言い渡され、少なくとも31人に起訴猶予処分*1が下されている。刑事被告人として現在第一審の審理を受けている者も3人いる。また2件の民事訴訟を起こされており、うち1件では150万円の損害賠償を命じられている(もう1件は審理中)。

京都朝鮮学校公園占用抗議事件
2009年12月4日、京都朝鮮第一初級学校による勧進橋児童公園の不正占用に抗議するとして集まったメンバー11人が、同校校門前でヘイトスピーチを含む怒号を上げ、スピーカーのコードを切断するなどした事件。侮辱罪・威力業務妨害罪・器物損壊罪で4人に懲役1年〜2年・執行猶予4年の有罪判決、7人に起訴猶予処分。また朝鮮学校側から最大3000万円の損害賠償を求める民事訴訟が提起され、現在審理中。国内外の公的機関やメディアで取り上げられるなど話題を呼んだ。
朝鮮総連京都府本部不退去事件
2010年3月9日朝鮮総連京都府本部を訪れたメンバー13人が退去要請に応じず1時間に渡って施設内でヘイトスピーチを含む怒号を上げた事件。不退去罪で13人全員に起訴猶予処分。
大阪水曜デモ妨害事件
2010年4月7日、大阪梅田で行われた従軍慰安婦とその支援者らのデモ(水曜デモ)にカウンターを仕掛けた際に、メンバーの1人が水曜デモ側に参加していた左派市議から眼鏡を奪い取った事件。器物損壊罪*2罰金10万円。
徳島県教組業務妨害事件
2010年4月14日、徳島県教組による朝鮮学校への寄付に抗議するとして組合事務所前に集まったメンバー19人が、事務所内に侵入して拡声器で怒号を上げ、書類を投げ散らかし、110番通報を妨害するなどした事件。威力業務妨害罪・建造物侵入罪で6人に懲役8月〜2年・執行猶予3年〜5年の有罪判決、11人に起訴猶予処分。残りの2人は現在審理中。
京都創価学会施設侵入事件
2010年7月10日、創価学会長岡京文化会館を訪れたメンバーがトイレを借りるという名目で施設内に立ち入り、館内の様子を撮影して動画投稿サイト生中継した事件。後に建造物侵入容疑で書類送検されたが、その後の処分は不明。
水平社博物館差別街宣事件
2011年1月22日、水平社博物館歴史認識に抗議するとして同博物館を訪問したメンバーが、博物館前で拡声器を用いて部落差別を含む罵声や怒号を上げた事件。博物館側から不法行為に基づく損害賠償請求訴訟が提起され、150万円の賠償が命じられた。
ロート製薬強要事件
2012年3月2日、ロート製薬による韓国人女優キム・テヒのCM起用に抗議するとして同社本社を訪れたメンバー4人が、従業員を脅迫して竹島領有権問題やキム・テヒ起用の是非に関する同社の見解を回答させた事件。強要罪で1人に懲役1年の実刑、2人に懲役1年・執行猶予3年〜4年の有罪判決。残りの1人は現在審理中。

*1:犯罪の成立は明白だが、刑事罰を科す必要まではないと検察官が判断した場合に出される不起訴処分の一種。「前歴」として警察・検察に把握され、再犯があった場合に改めて起訴されたり情状証拠として用いられたりする。

*2:逮捕時は窃盗容疑だったが、不法領得の意思はないと判断された。