チェーザレ・プランデッリ

スポーツ

チェーザレ・プランデッリ

ちぇーざれぷらんでっり

Cesare Prandelli

イタリアの元サッカー選手、サッカー指導者。

1957年8月19日生まれ。

経歴など

現役時代にはミッドフィルダーとしてアタランタユヴェントスなどでプレー。1990年現役引退、指導者へと転身した。

パルマ監督時代には中田英寿と起用法を巡る対立で日本では話題になった。手腕を認められ2004年からはASローマの監督に就任するも、家庭事情(奥様の病気)により開幕前に辞任。2005年からフィオレンティーナの監督に就任。フィオレンティーナでは、低迷していた成績を上位へと押し上げた。

2010年FIFAワールドカップ終了後、マルチェロ・リッピ監督の後任としてイタリア代表の監督に就任した。