チェンバーロック

音楽

チェンバーロック

ちぇんばーろっく

バイオリンクラリネットなどの弦楽器管楽器などの室内楽的な編成を特徴とするロックをさす。

チェンバーロックという概念が成立したのは1970年代末だが、1968年 Third Ear Band の「錬金術」というアルバムをルーツとする。

Henry Cow,UNIVERS ZERO,Art Zoydなどがチェンバーロックを代表するバンドであると言われているようである.